Event

Active Tohoku Charity Wine Auction

シャトー・ル ピュイについて

ボルドーから北西へ約50キロ、サンテ・ミリオンとポムロールから続く同じ丘陵のコート・ド・フランに位置するシャトー・ル・ピュイ。400年以上も前から化学薬品を一切使わずにワインを造り続けているワイナリーです。
シャトー・ル・ピュイのワインは平均樹齢50年の葡萄樹より造られ、葡萄樹はビオロジック農法及びビオディナミ農法によって栽培されます。

Active Tohoku Charity Wine Auction

『私たちのワイン造りは家族の歴史だ』と13代目の現当主ジャン・ピエール・アモロー氏は言います。
9代目当主は1868年の時点で既に酸化防止剤の使用に疑問を持ち始め、その後10代目当主はより滑らかでアロマティックな果汁を得る為に100%除梗を実施、11代目は発酵中に果帽を十分に浸漬する為に独自の方法を考案しました。またワインに余計な樽の要素を残さない為、全ての樽に3年から15年の古樽を使用し、醸造過程において、補糖、人口酵母の添加、濾過・清澄は一切行わないという徹底した姿勢を貫いています。
ジャン・ピエール氏の、全ては『純粋にテロワールを表現する為』というコンセプトに一家のこだわりが代々受け継がれているのです。

シャトー・ル・ピュイ
http://www.chateau-le-puy.com/ja/accueil/